通信制高校と通信制サポート校の違い分かりますか?
 

通信制サポート校のメリット


諸事情により、全日制や定時制の高校に通えなくなった場合でも、卒業資格を取得することは可能です。
自学自習による通信制高校がそれにあたります。

 

通信制高校は、全日制や定時制と同等の教育課程であると学校教育法により認められているので、要件をみたせば、卒業資格取得は可能です。それに対して、最近増えてきたのは通信制サポート校の存在です。

 

通信制サポート校とは

高校の卒業資格を取得するための学びの場を検討する時に、通信制高校の他に、「通信制サポート校」も検討する人も増えてきています。通信制サポート校は、様々な特色を打ち出しているので、選択肢が増える点ではとても良いのですが、注意しなければいけないのは、通信制サポート校のシステムです。

 

通信制高校は学校教育法に基づいた「高等学校」であるのに対して、通信サポート校はあくまでも「サポート」が目的であるので、通信制サポート校に単独で入校しても高校卒業資格は取得できません。いわゆる「塾」や「予備校」のようなイメージだと分かりやすいかもしれません。

 

通常の塾や予備校でどんなにいいカリキュラムで勉強しても、塾内テストで優秀な成績を収めたとしても、高校卒業の資格は取得できません。しかし、塾や予備校でしっかり学ぶことで、本来の学業にも良い影響を与えることは間違いないですよね。

 

そういった意味合いからも、通信制高校で学ぶ場合、サポート校の存在は非常に心強いものになっているようです。

 

選ぶ学校によっては学費に大きな差が出ます

一般に通信制高校は公立しかないと思われがちですが、通学制の高校と同じように、公立と私立に分かれています。そして、学費も大きく違ってきます。

 

例えば、公立の通信制高校の場合は、一単位二百円からになるので、学費の負担もそれほど感じないでしょう。
一方私立の通信制高校になると一単位5千円からになっているので、その差は歴然ですよね。その上で、通信サポート校も利用する場合は、サポート校の授業料も上乗せされます。

 

ただ、通信制高校と提携しているサポート校もあるので、授業料に通信制高校の学費が含まれている場合もあるようです。
ただ、ある程度の経済的負担があっても、サポート校を併用する人が増えているのは事実です。通信制高校は自学自習という姿勢は基本にありますが、その姿勢を貫くにはそれなりの精神力とモチベーションが必要になってきます。

 

独学で3年間頑張れるのは、実は3割にも満たないと言われています。そういった背景から、あらゆる面からバックアップ体制がしっかりしているサポート校が選ばれる大きな理由になっているようです。

 

 

関連記事をチェック : 通信制高校の選び方