通信制高校に通うといくらかかるの?

公立の通信制高校に進学した場合

公立の通信制高校と言っても、毎日通学することはありませんので、当然ながら学費は低めの設定になっています。 県立や市立といった効率通信制高校は、概ね入学金五百円、授業料は年間で一万円から三万円程度です。

学校によっては一単位三百円のところもあります。 こんなに安い学費で高校の卒業資格が取得できるなら、誰もが通いたいと思うのではないかと言われますが、学費が安い分デメリットも生じます。

公立の通信制高校では、基本原則が「自学自習」になります。 毎日学校に顔を出さない分、卒業までの必要単位や定期的に提出が必要なレポートの管理など、ほとんどのことを自己管理しなくてはいけません。

もし、○○年以内に高校卒業資格が必要であるとか、必ず取得しなければいけない理由の元で選んだならば、3年間で卒業できる可能性はあります。 しかし、この場合でも決して高い可能性ではありません。

現実には多くの生徒は単位取得が出来ずに、結局通信制高校も中退してしまう場合が多いのです。 限られた登校日の中で、教師と信頼関係を結ぶのも難しく、適切なアドバイスも受けにくいのが現状であるようです。

私立の通信制高校に進学した場合

通信制高校にも私立校は存在します。 全日制の高校同様、公立校に比べると私立校の学費は高めに設定されています。 各学校のカリキュラムやシステムの差があるので、公立のようにいくらとは言えませんが、概ね入学金が二万円から五万円程度、授業料も年間で十八万円からになります。

全日制でもないのに、こんな高い学費は払えないと思われがちですが、私立の場合はやはりその手厚いサポート力が金額に反映してしまうようです。 公立と違って、毎日ではないものの学校へ通学して、教師と直接関わることが多いため、レポート提出や取得単位などに関しては、しっかりとしたアドバイスを受けることができるのです。

それ以外にも部活動や興味関心の持てるような行事ごとの企画も多々あるので、全日制と変わらない学校生活を楽しめるというメリットがあります。 そのため、ほとんどの生徒が3年間で卒業する場合が多いようです。

通信制高校でも国からの補助費はあるの?

全日制の高校のように、通信制高校でも私立の場合は「就学支援金」といって、国から一部補助金が出るシステムが2010年度からスタートしました。

その金額は、保護者の所得に応じて異なる場合もあります。 一般的には単位制である私立の通信制高校の場合、年額でおよそ十二万円の授業料が減額されることになっています。

生徒側が学校を通して申請しなければいけないので、私立の通信制高校に進学の場合は手続きを忘れないようにしましょう。


関連記事をチェック : 教育課程と学科について