画像:NHK学園高等学校


NHK創立の伝統校

日本放送協会と言えばNHKですよね。 そのNHKが昭和三十八年に初めて広域通信制高校を開校したのが、NHK学園高等学校です。 これまで卒業生は6万人を超えるほどの伝統校なのです。

自由に学べる環境です

NHKでは放送大学が有名ですが、同じようにテレビやラジオを使用して学ぶことができるのがNHK学園高等学校です。 三年間で卒業できるというのが大きな特徴ですが、登校日が多かったり、ペースがきつかったりするのでは?という心配はいりません。

スクーリングは月に二回程度で、しかも全国に33か所もの会場があるので、日本中どこにいても学ぶことができるのです。 基本的な学びは、「NHK高校講座」を視聴することです。

もちろんリアルタイムで視聴しても構いませんし、録画してじっくり視聴しても構いません。 しっかりと自宅学習することが可能なので、スクーリングは大幅に減らすことができるのです。

また、NHKは日本全国どこでも視聴できる環境ですから、テレビが見られる状態であれば、どこでも入学可能です。 中学課程を終えてからの新入学以外でも、転入学や編入なども随時受け付けています。

その後の夢は叶うの?

NHK学園を卒業したら、高校卒業資格を得ることで終わってしまうのはもったいないことです。 最近は、その後の進路で大学や短大、専門学校といった「進学」を希望し叶えている生徒が増えています。

スクーリングの回数は月に1〜2回でも、その時に担当の教師や進路担当の教員に相談したり、進学説明会などに積極的に参加することで、提供されるたくさんの情報を将来のために活用することができるのです。 信頼度の高い伝統校で学び、大きな自信と大きな夢を同時に叶えてみませんか。

NHK学園高等学校の口コミ評判

■口コミ1:学費と卒業までの年数が短いのでおすすめ
・メリットの一つは学費が安い点→初年度の学費は25万円くらい。
・もう一つのメリットが卒業までの年数が最短3年であること(通常は4年)
・スクーリングの数も少ない→月1、2回
※.Yahoo知恵袋より(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1043821395)

関連記事をチェック : ヒューマンアカデミー高等学校