画像:星槎国際高等学校


自分らしさを見つけよう!

人は人と出会って成長する、そんなことを実感できるのが、登校を主体とする「通える通信制」として、人気の星槎国際高等学校です。 高校卒業資格取得はもちろんのこと、卒業後の進路までしっかりサポートしてくれます。

入学の理由が様々であるように、その先の進路も大学短大、専門学校や就職と人によって様々です。 どの道に進むのが正解かはわかりません。

でも、どの道に進んだとしても、自分らしく、生き生きとした毎日を送る。 そんな当たり前の幸せを星槎国際高校でなら、ちゃんと気づくことができます。

登校スタイルはどれ?

星槎国際高等学校では、週2日登校するということが学習の基本なっています。 もちろん2日だけではなく、週3日から週5日まで選ぶことも可能です。

通うことによって、生徒たちの「居場所」を確保し、じっくり向き合っていくことで、自信と成長を促すというスタイルは星槎高等学校ならではです。 学校に通いたいけれど、これまでの過去の理由でまだなかなか踏み出せない、今の生活スタイルでは週2回登校するのはちょっと難しい…そんな時でも月1、2回のスクーリングまたは集中スクーリングとレポートによる従来の「通信制」スタイルでも、対応してもらえます。

手づくり教材が人気

実は星槎国際高等学校の教材は、すべて手づくりとなっています。 生徒それぞれの興味関心は多岐にわたっています。 また、勉強に対する習熟度などもやはり個別に差は出てきます。

そんな中でも体系的な総合学習とオリジナルな教科学習によって、高校卒業資格取得と同時に、その先の興味関心を見極めて「生きる力」を育むようになっています。 カリキュラムは、全国どこで受けても同じ「コア・カリキュラム」と、地域によって、内容変えその特色を生かした「ローカル・カリキュラム」からなっています。

卒業後でも、進学した先や就職した先で起こるトラブルや様々な悩みも相談できる暖かい雰囲気の学校です。


関連記事をチェック : 飛鳥未来高等学校