5種類あるサポート校

サポート校の種類

様々なサポート校がある中、特色を考えた場合大きく分けて以下の5種類ほどになると言われます。 ◎個別指導型◎進路発見型◎大学重視型◎不登校支援型◎才能開発型まず、個別指導型は学習面に対して、細やかな対応をしてくれます。

カリキュラムの組み方も個別の学力や性格に合わせてくれたりする、少人数制での学習指導にも定評があります。 学力別にクラス分けをしてくれるので、中途入学でも授業に遅れを感じることなく、スムースに進めるケースが多いようです。

進路発見型は、様々な体験授業をカリキュラムに組むことで、将高校卒業資格だけでなく、将来の職業に役立つ資格取得なども積極的に進めていくタイプです。 個々の希望の進路に進めるようしっかりとしたサポートが人気です。

大学進学重視型は高校卒業資格を取得したその後に大学受験に向えるようサポートする目的があります。 学習面でのサポートはもちろんのこと、受験情報なども最新版で対応しており、安心して受験勉強に専念できる環境が整います。

こういった学校の運営母体は塾や予備校である場合がほとんどですから、そういった点でも信頼されています。 不登校支援型では、不登校経験者でもスムースに卒業まで導いてくれるノウハウをたくさん持っています。

学習面はもちろんのこと、カウンセリングを重視しているので、メンタルな部分が心配な場合でも、安心して通えると評判です。 通学制と通信制を併用している場合がほとんどなので、最初は通信制や在宅コースを選んで、徐々に通学パターンを増やしていくというステップを踏む生徒も多いようです。

才能開発型は、専門学校が運営しているタイプで、生徒一人一人が持つ才能をしっかり伸ばしてくれるので、卒業資格取得だけが目的ではないようです。 もちろん、単位取得等のサポートはしっかりやりつつも、その先に続く未来像まではっきり目的意識を持てるようなサポート体制が整っているようです。

特に多いのは、芸能関係の才能を伸ばすものや、調理師免許といった職業直結の資格取得コースなどです。


関連記事をチェック : 通信制サポート校の選び方