通信制高校とはなんですか?
 


通信制高校について


義務教育である中学校を卒業すると、通学制の高校を進学先にする場合が一般的です。しかし、諸事情により進学しなかったり、あるいは一旦入学したものの、退学してしまったりすることもままありますよね。

そんな時、しっかりと「受け皿」になってくれるのが、通信制高校なのです。例え、進学せずに働き始めた人でも、入学した学校の勉強についていない、校則が合わないなどの理由で中退した人でも、通信制高校で学ぶことにより卒業資格を取得することができる学びの場なのです。

通学制と違うところは、通信による教育を行うところです。修業年数は学校教育法に基づき3年以上という年月が定められています。


 

通信制高校を卒業するには

修業年数が3年以上と幅のある期間設定をされていますから、卒業までは個々のライフスタイルのペースに合わせることが可能です。ただし、卒業要件はきちんと満たさなければなりません。

 

 

・通算3年以上在籍すること・74単位以上を取得すること・30単位以上の特別活動に参加することこの3つが必要になってきます。以上の3項目は、通信制高校でのことだけの要件ではありません。

 

もちろん、中学課程終了後すぐに通信制高校に通った場合はすべてに該当しますが、もし中退者であれば、以前通学していた高校での在籍期間や取得した単位は振り替えることができるので、人によっては卒業資格取得までの期間は変わってくるでしょう。

 

特別活動に関しては、体育祭や修学旅行、クラブ活動といった授業以外の参加可能な行事や、入学式、卒業式、といった節目の儀礼的な行事や始業式、終業式なども含まれますので、こちらの単位取得はそれほど難しいものではありません。

 

勉強で必要なこと

通学制の高校とは違って、通信制高校では常に授業があるわけではありません。基本的な流れは、報告課題と呼ばれるレポート、面接授業と呼ばれるスクーリングを経て、単位取得のための認定試験を行うという感じになります。

 

 

とは言っても、レポート提出は一年間で平均して50〜60通程度、スクーリングも月換算にすれば2回ほどですので、スケジュールは組みやすいでしょう。最近ではネットを利用してのスクーリングや、年に1度合宿による集中スクーリングなどを実施する学校も増えてきました。

 

関連記事をチェック : 通信制高校と通信制サポート校の違い